セラピスト紹介

スーパーバイザー

ミッシェル・アンダーソン
(Michele Anderson)

行動分析家

マニトバ大学にて心理学及び応用行動分析を学ぶ。
ブリティッシュコロンビア州立大学にて自閉症の対策、特別支援教育のトレーニングを受ける。
南イリノイ大学の応用行動分析のプログラムを受講。
カーボーン博士のワークショップにて応用言語行動(Applied Verbal Behavior)のトレーニングを受ける。
現在12年以上自閉症のフィールドで経験を積んでいる。

※以下のセラピストは当クリニックと提携し、セラピーセッションを提供しております。

児童発達支援管理責任者

藤井 弘美
(ふじい ひろみ)

精神保健福祉士、社会福祉士、保育士、介護福祉士
CSPP臨床心理大学院中退

行動セラピスト

沖 聡美
(おき さとみ)

認定心理士・保育士
慶應義塾大学理工学部卒業

発達障がいをもつ子供さんにとっての早期療育の意味の大きさを実感し、その分野に携わりたい思いでセラピーを始める。
早期療育を受けられる機会を日本に於いて少しずつ増やしたい、必要とする子供さんの役に立ちたいと感じているセラピスト。
機転の効いたセラピーの進め方、行動観察、分析等しっかりこなせます。
中国語を話せる御家庭にも対応できます。

行動セラピスト

石倉 和歌子
(いしくら わかこ)

名古屋大学大学院国際開発研究科コミュニケーシン専攻卒業

低/高機能共に経験を積んでいます。
着々と課題を進めていく冷静着実なスタイルのセラピーで子供さんと関わっていきます。
親御さんへの課題説明、ペアレントトレーニング等もセラピーの1部としてこなし、御家庭からの信頼厚く、子供と関わる仕事を通し子供の可能性を広げたい、またそれにやりがいを感じているセラピストです。

行動セラピスト

西岡 明子
(にしおか あきこ)

恵泉女学園短期大学卒業

子供と向き合いABAの課題を1つ1つこなす諦めない姿勢、逃がさない姿勢でスキル学習を進めていくセラピストです。今年はセラピストとしてのテクニックの幅をつけ1つでも多く、少しでも早く課題を達成させられるセラピストを目指しています。

行動セラピスト

千住 慶子
(せんじゅ よしこ)

東洋大学経営学部卒業

自身の子供の療育をコンサルタントの指示の下行なう。
「あ」の音を出す事から初め、今では疑問詞を混ぜた会話力をつけるまでに成長。
足し算、引き算から漢字まで小学1年生の学習を息子さんに教えています。
まだ新人でたくさんのお子さんに会うのは、これからですがABAの技法に対する経験値は新人ではありません!

行動セラピスト

沼尻 祥太
(ぬまじり しょうた)

小学校教員過程教育修了
常磐大学心理学科卒業

行動セラピスト

島沢 照美
(しまさわ てるみ)

心理相談員
日本大学心理学科卒業

行動セラピスト

パワーハリーマドリンマリー

セントメアリーズ大学卒業プレサイコロジー履修

行動セラピスト

村松 遼
(むらまつ りょう)

立命館大学心理学科卒業

行動セラピスト

田原 太郎
(たはら たろう)

信州大学大学院教育学研究科卒業
臨床心理士

行動セラピスト

市田 香織
(いちだ かおり)

小学校・聾学校教員免許、保育士
愛媛大学障害児教育教員養成課程卒業

セラピスト兼事務

竹内 由香
(たけうち ゆか)

武蔵野女子大学卒業

PAGETOP