ペッピーパッチの特徴

行動コンサルティング

行動コンサルティング ペッピーパッチでは応用行動分析(ABA)、 特に言語行動(Verbal Behavior)を支柱にしたプログラムを支柱にしたプログラムを提供しています。

ABA(応用行動療法)が自閉傾向、発達の遅れにいいって知ってますか?
自閉傾向と如何に上手に生きていくか!

「自閉症」が人の本質を定めるわけではありません。
自閉傾向があるからといって可能性を諦める訳にはいきません。
私たちは限りない学習能力を信じています。
当クリニックでは応用行動分析の理論を使い、その学習能力を最大限に伸せるようプログラムを個々のクライアントに合わせ作成しています。

楽しみながら、成長する

ペッピーパッチとは英語で「元気一杯の畑」、「快活な場所」という様な意味です。
私たちが目指すセラピーセッションはクライアント(主に子供)が元気一杯楽しみながら様々なスキルを学んでいける機会です。

当クリニックに於けるプログラム作成、進行は行動分析家ミッシェル・アンダーソンのスーパーバイズ(監督、アドバイス)を得ています。
クライアントの成長、特に言語、行動、また社会性等の成長を促せるようスーパーバイザー、セラピスト共チームとなりお子様、御家族様と向き合っています。

発達障害のための家庭療育

ABAといえば早期集中、週に何十時間もセラピーが必要とされています。
しかし日本の御家庭の状況を考えると早期集中に添えない家庭も沢山あります。 精神的、身体的、経済的に大変な仕事です。そして、ABAは特別な事を教えるのではなくスキル、行動の教え方が特異ですので、ある期間続けてこそ持続する成果が得られます。それ故、家庭が続けていける療育を目指しています。

一生セラピストが一人の子供に付いていくわけにはいきませんので家族がその子との関わり方を学んで行く事に重きを置きます。
一人一人の子供が違う様に家庭ごとに療育の形があっていいと考えています。それぞれの成果を上げられる療育を見つけていきます。

PAGETOP